Sample Image

生まれる前から加入できますか?

学資保険は子供の進学時の祝い金や、
満期時の満期保険金を教育費として当てることのできる商品です。

また、保障の対象が子供と親になっていて、
万が一契約者である親が亡くなった場合は、以後の保険料金が免除された上で、
祝い金と満期保険金がもらえるというのが大きな特徴です。

さて、この学資保険ですが実は子供が生まれる前から加入することができます。
具体的には出産予定日から140日前、つまり6ヶ月前ですね。

子供がいないうちから子供のための保険に加入するというのは、
なんだかおかしい気もしますがこれはこれでメリットがあります。

生まれる前に加入するメリットの1つ目は、
万が一子供が生まれる前に契約者が亡くなってしまった場合、
以後の保険料が免除されて祝い金や満期保険金がもらえることです。
また保険の種類によっては、父親の死亡に対しても死亡保障が出るものもあります。

もう1つのメリットは子供が生まれてから時間がなくなり、
十分な検討ができない状態で保険に入ってしまうことを避けられる点です。
いざ育児が始まれば夫婦ともに時間がなくなり、保険どころではなくなってしまうことが多いもの。
それなりの額のお金を使うわけですから、十分な検討をしてからのぞみたいものです。

せっかくですので学資保険だけでなく、
その他生命保険や入院保険等についても見直すようにすると良いでしょう。

出産前の学資保険加入の場合、
申込みの際に第1回目の保険料相当額を支払う必要があり、
月々の支払いが始まるのは出産が終わった月からになります。
ちなみに妊娠中に学資保険に加入して、
万が一流産や死産だった場合、契約そのものが無効になり支払った額は、
すべて戻ってきますのでお金が無駄になるということはありません。

大学卒業が当たり前のこの時代。
私立高校・私立大学を出るとなるとかなりのお金が必要になります。
学資保険でもらえるお金についてはこちらを参考にすると良いでしょう。

お腹の子供に十分な教育を、
とお考えのお父さん・お母さん予備軍は、
今のうちから検討しておくことをおすすめしますよ。
こちらの教育費と学資保険についての解説もご覧ください。
サンプルイメージ サンプルイメージ
Copyright(c) 2011 zeigaku All Rights Reserved.