Sample Image

保険料の支払にクレジットカードは使えますか?

最近では保険の支払いに、
クレジットカードに利用を認めている保険会社が増えました。

学資保険はもちろん、生命保険やがん保険などがクレジットカードで支払えるのは便利ですね。
保険というのはかなりの高額商品になりますので、
いきなりお金を用意できないことが多いもの。
その点、支払いをカードの引き落とし日まで延ばせるのはありがたいことです。

また、クレジットカードであれば支払額相当のポイントが受け取れるのもうれしいところです。
中には1%以上の高額還元があるクレジットカードもありますので、それらを使えばかなりお得になります。
もし学資保険の支払いにクレジットカードが使えるのであれば、積極的に利用すると良いでしょう。

ただ、いくらクレジットカードによるポイントバックを利用したくても、
自営業の場合、なかなかクレジットカードが持てないことがあります。
サラリーマンより自営業の方が社会的信用が低いと見られているのは、
何とも不可解な話ですが、むこうがそう言っている以上、どうしようもありません。

ただ、分割払いや一括引き落としにすることはできませんが、
クレジットカードのポイントをもらうことはできます。
それがデビットカードです。
これはクレジットカード番号の入ったカードですが、
実際はカードを切った瞬間に口座から引き落とされる仕組みになっています。
そのため、限度額は口座残高とイコールで、
煩わしい審査もなし、申し込むだけでつくることができます。

また、VISAカードと同じ特典を受けることができるので、
加盟店や海外の免税店で優待割引などを受けることもできます。
他にもこのカードを利用して、
購入した商品の破損・盗難保障がついたものなどもあるので、
現金で購入するよりお得になるかもしれません。

現在VISAデビットカードを作っているのは、
楽天銀行・スルガ銀行・JNB銀行・りそな銀行の4銀行。
ポイントや特典の使い道を見て、自分のライフスタイルにあったカードを作ると良いでしょう。
ただ、VISAデビットカードはあくまでも口座の残高分しか使うことができません。
残高が不足していると、引き落としができず未納になってしまうので注意が必要です。
もっともこれはどの支払い方法でも同じ事ですが・・・。
サンプルイメージ サンプルイメージ
Copyright(c) 2011 zeigaku All Rights Reserved.