Sample Image

充実の保障内容でお子様の夢をバックアップ

学資保険と言ってもその内容は様々。
各保険会社がバラエティに富んだ内容で様々なコースを用意しています。

その中で東京海上日動あんしん生命の「長割り終身活用学資プラン」は、
解約返戻金を教育資金として活用できることが特徴の保障内容が充実した学資保険になっています。
長割り終身活用学資プランは貯蓄性が高い学資保険として高い評価を受けていますが、
途中解約でも高額の解約金を受け取ることができます。
※ただし途中解約してしまった場合は当然のことながら以後の保障は受けられなくなります。

たとえば18歳で解約した場合、1,860,570円の支払い金に対して解約返戻金は2,027,200円。
支払い金が9,245,280円であれば10,136,000円です。
また契約者の死亡や高度障害における保険金の支払額も高く設定されています。
具体的には、1,860,570円の支払い金に対して320万円、
9,245,280円の支払い金に対して1600万円となります。

一方で保障と学資を重視したプランも用意されていますので、
子供の入学時に学資金を受け取りたい方はこちらを選ぶと良いでしょう。
それが「5年ごと利差配当付きこども保険」」です。
この場合、子供が小学校・中学校・高校・大学に入学するたびに祝い金が支払われます。
月々の支払額を11,067円にすると、祝い金は合計200万円。
月々を55,335円にすれば合計1,000万円になります。

祝い金以外の保障も充実していて、万が一契約者が死亡した際、
被保険者が死亡した際にも養育年金や死亡給付金が支払われます。
さらにはいつでも自由に出し入れできる5年ごと利差配当も付いてきますから、
普通に預貯金するよりずっと高効率ということができるでしょう。
こちらの手厚い保障の学資保険についての解説もご覧ください。

近年は良いか悪いかは別にして、大学を卒業しているのが当たり前の高学歴社会。
最終的には子供の努力や情熱、才能が夢を叶えるのでしょうが、
教育費があればその夢に近づける可能性が高まるのは動かしがたい事実です。
しかし、学資保険だけでは教育費はまかなえないのが今の日本の現実だそうです。

また、考えたくはないことかもしれませんが、父親自身にも何が起こるかわかりません。
何となく放っている方は、一度真剣に学資について考えてみてはいかがでしょうか。
こちらにも学資保険についての解説サイトがあります。
最近では学資保険自体を知らない親御さんもいるようですが、子供のためにも是非とも加入してほしい保険の一つといえます。


サンプルイメージ サンプルイメージ
Copyright(c) 2011 zeigaku All Rights Reserved.