Sample Image

5年ごとに契約者配当金をお支払いいたします

不況で収入は減る一方なのに増え続ける教育費。
これに対抗するために各保険会社は様々な学資保険を取りそろえています。

こうして学資保険は数多く出そろい、情報はあふれているのに、
実際に有用な学資保険を契約できている親はどれだけいるかというと、これは微妙な話になります。

価値ある学資保険を申し込むために抑えておくべきポイントは大きく分けて2つ。

1つは子供の進学時期に必要な学資がきちんと貯まること。
一番学資が必要なのは言うまでもなく高校や大学に入学する時期です。
このときに満期を迎え、受け取りのできる保険でなければ意味がありません。

そしてもう1つのポイントは、満了までの間にトラブルがあった場合でも、
確実に学資を貯めることができることです。
万が一の事態はあって欲しくないことですが、それでも起こるから恐ろしいのです。
家族の生活を守ることは当然として、そういったトラブルがあった場合でも、
子供の将来をあきらめないで済むようにするのは、親として当然のリスク管理と言えるでしょう。

東京海上日動あんしん生命の 「5年ごと利差配当付きこども保険」であれば、
祝金、保険契約者が死亡してしまったり高度の障害を持ってしまった場合の養育年金、
被保険者である子供が事故や感染症で死亡してしまった際の災害死亡保険金や死亡給付金の他に、
自由に利用することのできる配当金が5年ごとに支給されます。
これは運用益が当初の予定を超えた場合に支払われるお金です。

もちろん、経済状況などによって変動しますし、必ず受け取れるという保障はありません。
しかし、手厚い保障と学資に加えてのボーナスですから、
なくてもそれはそれで割り切れますし、あればあったでラッキーです。

現在大手銀行の定期預金の金利は大手でわずか0.025%、
ネット銀行でさえ0.4%程度が最高ですからよほどの金額を預けなければアクティブな資産運用はできません。
そう考えると、月々1万円程度の積み立てでこれだけの保障と貯蓄性のある学資保険というのは、
積極性と堅実性を兼ね備えた、バランスの取れた運用方法といえそうです。

他にも資産運用の方法はあります。
株式投資で株初心者が資産を増やすためには、株取引の仕組みと株価の決まり方、証券会社の選び方をを勉強することが大事です。
サンプルイメージ サンプルイメージ
Copyright(c) 2011 zeigaku All Rights Reserved.